MENU
ローソン

ローソン・ほくほく芋のパフェは高カロリー?元製菓専門生が実食

Eye catch:lawson potato sundae

華やかな見栄えと食べ応えがあり、カフェで食べるよりは手軽な値段で満足感を味わえることで人気の、コンビニパフェ。

お店で出てくるような豪華さはありませんが、プリンやゼリー。

ムースなどを食べる感覚で気軽にパフェを楽しめるのが、コンビニスイーツのいいところです。

今回は、ローソンから販売される、さつまいもを使った和パフェ。

『ほくほく芋のパフェ』

のカロリーはどのくらいあるのか?

詳しい商品情報から口コミ。

元製菓専門生の経歴をもつ私が食べた感想を紹介します。

Eye catch:lawson sundae roasted green tea
ローソンの和パフェ/ほうじ茶のカロリーは?元製菓専門生が実食レポ 『スイーツ』 というと、どうしてもケーキやシュークリームなど。 洋菓子を想像しがちではないでしょうか? 各社...

ローソン『ほくほく芋のパフェ』の商品情報をチェック!

<img loading=

ローソンの和パフェ。

ほくほく芋のパフェの詳しい商品情報から見ていきましょう。

目次へ戻る

ほくほく芋のパフェの商品情報

<img loading=
  • 名称 和生菓子
  • 発売日 2022年10月04日
  • 金額 300円(税抜278円)
  • 製造者 コスモフーズ(株) 入間工場
  • 保存方法 10℃以下で保存
  • 栄養成分表示 カロリー 296kcal、たんぱく質 3.9g、脂質 15.2g、炭水化物 36.7g(糖質 35.3g、食物繊維 1.4g)、食塩相当量 0.23g(推定値)

さつまいもペースト(インドネシア製造)、乳等を主要原料とする食品、砂糖、カスタードクリーム、カラメルソース、牛乳、液卵、クリーム、小麦粉、ショートニング、ゼラチン、植物油脂、ビスケット、粉末白あん、チョコレート、焼芋風味ペースト、マーガリン、食用乳化油脂、調味エキス、黒いりごま、食塩、でん粉、寒天/トレハロース、糊料(加工でん粉、増粘多糖類)、グリシン、乳化剤、香料、着色料(カラメル、カロチノイド)、膨張剤、酵素、調味料(アミノ酸等)、酒精、pH調整剤、酸化防止剤(V.E)

(一部に卵・小麦・乳成分・大豆・ゼラチン・ごまを含む)

ほくほく芋のパフェは、さつまいもを使ったローソンで買える和パフェとして2022年10月4日に発売します。

実はこのほくほく芋のパフェ。

2021年10月ごろにも、ローソンでさつまいもを使った

『和パフェ お芋』

という名前で、同じ見た目のパフェが売られていました。

どうやらほくほく芋のパフェは、2021年にローソンで売られていた和パフェの再販商品と思われます。

値段は1個税込み300円

2021年版の和パフェ お芋は295円(税込み)だったので、ほくほく芋のパフェのほうが5円ほど高くなっています。

作っているのは、2022年発売の今回もコスモフーズのようです。

ほくほく芋のパフェのほうが値段は高くなってしまったようですが、カロリーは増えたのでしょうか?

次で紹介します。

目次へ戻る

ほくほく芋のパフェのカロリーは、『和パフェ お芋』より25キロ少なくなった!

ローソンで買える、ほくほく芋のパフェのカロリーは296キロカロリーです。

ちなみに、2021年10月ごろローソンで販売されていた和パフェ。

お芋のカロリーは321キロもありました!!

今回のほくほく芋のパフェの296キロも低カロリーとは言えませんが、2021年版の和パフェより25キロも少なくなっています。

かな
かな
でも、コンビニスイーツの平均は250キロ前後です。

ただ、コンビニスイーツの平均的なカロリーが250キロ前後です。

2021年版より少なくなったとはいえ、ダイエット中や糖質制限中の方は控えたほうが無難でしょう。

目次へ戻る

ローソンのほくほく芋のパフェを元製菓専門生が食べてみた

<img loading=

ほくほく芋のパフェのいちばん上は、ねっとり濃厚な舌ざわりの芋クリーム。

<img loading=

こちらはクリームというより、さつまいもでできた餡のようなほくほく感があり、ほどよい甘さがあります。

かな
かな
まるで、丁寧に裏ごしされた『スイートポテト』みたい!

いちばん上の、スイートポテトのような芋クリームのすぐ下には、甘さ控えめのホイップクリーム。

そのホイップクリームの下は、芋風味のホイップクリームが3色のキレイな層を作っています。

芋風味ホイップは、いちばん上の芋クリームより甘さ控えめ。

<img loading=

甘さは控えめですが、さつまいもの芳醇な香り・味がしっかりとつけられていました!

芳醇な香りの芋ホイップの下にはスポンジ生地と、クラッシュされたコーヒーゼリー。

<img loading=

ではなく、カラメル味のゼリーが入っています。

<img loading=

いちばん下のこのカラメルゼリーは、コーヒーゼリーほどではないですがほどよく苦味があり、甘さの続くパフェの最後をスッキリと締めくくってくれます。

見た目は

クリームもりもりパフェ

のように見えますが、パフェを食べ進めるとちゅう、あちこちにちりばめられたビスケットが

「シャリッ」

っと楽しい食感を楽しめるようになっており、今回のようなクリームメインのパフェでも最後まで食べ飽きずに食べられました!

かな
かな
芋感がしっかりしていて、上品な味わいが甘すぎなくておいしい!まるで、スイートポテトで作った和風モンブランみたいでした!!

目次へ戻る

ローソン『ほくほく芋のパフェ』の口コミ

ローソンの、ほくほく芋のパフェを食べた人の口コミを紹介します。

パフェのいちばん上の芋クリームは、

「ホクホク系ではなく、ねっとり系だけどおいしい!」

「しっかり芋感はあるのに、他社の芋系パフェよりカロリーが低くて、満足度が高い!」

カラメルゼリーにザクザク食感があり、

「最後まで飽きずに食べきれる!」

という口コミがありました。

ただ、パフェ中間あたりは芋やホイップクリームの甘い層に対して、いちばん下のカラメルゼリーはやや苦めに作られており、

「カラメルゼリーは好みがわかれそう……」

そいう人も。

目次へ戻る

ローソンの『ほくほく芋のパフェ』を食べて

ローソンの和パフェ。

ほくほく芋のパフェの商品情報は、

  • 名称 和生菓子
  • カロリー 296kcal
  • 発売日 2022年10月04日
  • 金額 300円(税抜278円)
  • 製造者 コスモフーズ(株)
  • 保存方法 10℃以下で保存

となっています。

また、ほくほく芋のパフェの296キロカロリーは、2021年版の和パフェ。

お芋の321キロより25キロ少なくなりましたが、コンビニスイーツの平均250キロよりはやや高め。

ダイエット中の方や糖質制限中の方はできるだけ控えたほうが無難でしょう。

「秋スイーツは、断然さつまいも派!」

というあなたは、ほくほく芋のパフェを、お近くのローソンでチェックしてみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。