ハーゲンダッツ

初夏を味わうハーゲンダッツバーベリーベリーミルクの口コミや商品情報を紹介

Eye catch:haagen dazsbar berryberry milk

有名アイスブランド、ハーゲンダッツの定番フレーバーといえば

  • バニラ
  • グリーンティー
  • ストロベリー
  • クッキー&クリーム

といった、どちらかというとミルク系アイスクリームのイメージが強いのではないでしょうか?

 

でも、本格的な暑さがやってくると、ミルク系アイスクリームよりも赤城乳業の

『ガリガリ君』

のような、かき氷やシャーベット系アイスのほうが食べたくなるんですよね。

 

今回はそんな、ミルク系アイスのイメージが強いハーゲンダッツの最新作。

『ハーゲンダッツ バー ベリーベリーミルク』

を食べてみた人の口コミや商品情報。

そして、元製菓専門生の私が食べてみた感想を紹介するので、気になっていた人はぜひ購入の参考にしてみてくださいね。

ハーゲンダッツ バー 『ベリーベリーミルク』の商品情報をチェック!

<img src="image.jpg" alt="ベリーベリーミルク">まずは、ハーゲンダッツバーベリーベリーミルクの商品情報からみていきましょう。

ベリーベリーミルクの商品情報

<img src="image.jpg" alt="ベリーベリーミルク">
  • 分類 アイスクリーム(コーティング部 氷菓)
  • 発売日 2020年05月26日
  • 金額 324円(税抜295円)
  • 製造者 サンタ(株)
  • 販売者 ハーゲンダッツ ジャパン(株)
  • 内容量 71ml
  • 保存方法 -18℃以下
  • 栄養成分表示 カロリー 127kcal、たんぱく質 1.5g、脂質 5.4g、炭水化物 18.0g、食塩相当量 0.04g

〈アイスクリーム部〉

成分:無脂乳固形分 9.0% 乳脂肪分 16.0% 卵脂肪分 0.8%

クリーム(北海道(生乳))、脱脂濃縮乳、砂糖、卵黄

〈フルーツコーティング部〉

成分:ブルーベリー果汁・果肉 22% ストロベリー果汁・果肉 5% ラズベリー果汁・果肉 5%

ブルーベリー果肉(カナダ製造)、砂糖、ストロベリーピューレ、ラズベリーピューレ、レモン濃縮果汁/安定剤(ペクチン)

(一部に乳成分・卵を含む)

※落花生を含む製品と共通の設備で製造しています。

ハーゲンダッツバーシリーズのベリーベリーミルクは、

ミックスベリー果汁

ブルーベリー果肉

2種類のコーティングが、中のミルクアイスクリームを包みこんでいる3層仕立てのアイスなので、分類はアイスクリームですが、まわりのフルーツコーティングの部分は氷菓になります。

発売日は2020年5月26日で、1本税込み324円

 

内容量が71ミリリットルに対し、気になるカロリーは127キロカロリーです。

※こちらの商品は現在、販売を終了している可能性があります。

かな
かな
カロリーは意外とひかえめなんですね。

『ワイルドブルーベリー』ってどんなフルーツ?

<img src="image.jpg" alt="ワイルドブルーベリー イメージ画像">ハーゲンダッツバーシリーズの、ベリーベリーミルク味のコーティングに使っているブルーベリーは、

『ワイルド(野生種)ブルーベリー』

という品種で、主にアメリカからカナダの北東部だけに自生するブルーベリーです。

 

真夏は長時間太陽にあたり、寒い冬は-30度を下回るとてもきびしい環境で育ちます。

そのため、日本でも栽培されているカルチベイト(栽培種)ブルーベリーよりも果肉が小さめですが、やわらかく濃厚な甘みと酸味の特徴があります。

 

また、視力回復効果があるとされているアントシアニンが、カルチベイトブルーベリーの

約2倍も多く含まれているそうです。

かな
かな
ワイルドブルーベリーはとても痛みやすいので、生の状態のものは現地でしか味わうことができません。日本で食べられるフレッシュブルーベリーよりも、栄養成分の量や味にちがいがあるそうですよ。

ワイルドブルーベリーについてもう少し詳しく知りたい人は、北米ワイルドブルーベリー協会『ワイルドブルーベリーについて』のページもチェックしてみてくださいね。

ハーゲンダッツ バー 『ベリーベリーミルク』の口コミ

次は、ハーゲンダッツのバーシリーズ『ベリーベリーミルク』味の、ツイッター上での口コミ情報を紹介します。

ツイッター上に投稿されていた口コミそのものが意外にも少なめでしたが、実際に食べてみた人の意見は

「すごくおいしい」

という声ばかりでしたよ。

ハーゲンダッツバー『ベリーベリーミルク』を元製菓専門生が食べてみた

ハーゲンダッツは、定番のミニカップシリーズもそうですが、パッケージデザインが毎回おしゃれですよね。

今回のベリーベリーミルクの箱も、紫と白のパッケージがとってもおしゃれです!

 

外箱とアイスが入っている袋をあけると、写真のような目にも鮮やかな色のアイスが出てきます。

<img src="image.jpg" alt="ベリーベリーミルク">ハーゲンダッツバーシリーズの最新作ベリーベリーミルク味の一番外側は、ミックスベリー果汁のコーティングで全体をおおっているのですが、クリスピーサンドのようなチョコレートではなく、シャーベットのような氷系アイスです。

 

ここにはストロベリーとラズベリーのピューレが使われていますが、本物のストロベリーやラズベリーとちがって、思ったよりも酸味をあまり強く感じませんでした。

 

ラズベリーの独特な甘みを楽しんでいると、食べる前はブルーベリーのアイスを想像していた、ブルーベリー果肉コーティングが現れました。

<img src="image.jpg" alt="ベリーベリーミルク">今回のハーゲンダッツのベリーベリーミルク。

ここが本当にすごいんです!

 

アイスじゃなくて、本物のブルーベリー果肉そのものなんです!!

食べる前は、

「果肉はおまけ程度で、食べたらブルーベリーアイスなんだろうなぁ~」

と、半信半疑な気持ちでいましたが、原材料に

『カナダ製造』

と書かれているところを見ると、これは本物のワイルドブルーベリーを使っているのでしょう。

私がいままで食べてきたブルーベリーよりも、おさえられた酸味と濃厚な甘みがとっても爽やかでジューシーでした。

 

ミックスベリーとワイルドブルーベリーのほどよい酸味と濃厚な甘みを味わったあとは、コクのあるこれまた濃厚なミルクアイスへと、味が変化していきます。

 

アイスなのにまるで、

超濃厚レアチーズケーキでも食べていたかのような錯覚におちいるレベルで、すごくおいしかったです!!

かな
かな
これは、やばいです(笑)食べたあとに目の疲労感が軽くなった気もするので、仕事終わりに食べたいアイスかも。

ハーゲンダッツ バー 『ベリーベリーミルク』を食べて

ハーゲンダッツバーシリーズの最新作。

ベリーベリーミルクの商品情報は、

  • 分類 アイスクリーム(コーティング部 氷菓)
  • カロリー 127kcal
  • 発売日 2020年05月26日
  • 金額 324円(税抜295円)
  • 製造者 ハーゲンダッツ ジャパン(株)
  • 内容量 71ml
  • 保存方法 -18℃以下

となっています。

初夏に旬を迎えるブルーベリーをつかった、ハーゲンダッツバーシリーズの期間限定ベリーベリーミルクを食べて、夏のはじまりを爽やかにむかえてみてはいかがですか。

※こちらの商品は現在、販売を終了している可能性があります。

Eye catch:sweet strawberry
ハーゲンダッツ新作!スイートストロベリーのカロリーはどのくらい? 朝晩はまだまだ寒い日が続きますが、昼間は少しずつ春が近づいてきていますね。 春を連想させる人気のフルーツといえば、苺を思...
Eye catch:supercup berry berry fromage
【スーパーカップスイーツ新作】ベリーベリーフロマージュのカロリーを紹介バニラアイスの代名詞といわれて、最初に思い浮かべるのは、明治製菓のエッセルスーパーカップのバニラアイスではないでしょうか。 そんな...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です